あおば学校支援ネットワークのコーディネーター達の活動日記
<< 今年の図書ボランティアフェスタ注目の講座は? | main | 自然ふれあいあそび教室 >>
青葉おばけやしきフェスタ☆プロジェクト〜Always be Brave〜
青葉おばけやしきフェスタ☆プロジェクトは、子どもたちがひとつのことに向かって燃える「夏の居場所づくり」としてスタートしました。普段接する機会の少ない地域の異世代の人と、お互いに学び合い、育ち合う体験のできる場に、小学生・中学生・高校生・大人が集い、おばけやしきを制作しました。

スタッフの活動日誌をちょっとのぞいてみました。

5月30日(土)3時 第1回企画会議 @もえぎ野ケアプラザ
 
28人の精鋭が、青葉おばけやしきフェスタ☆プロジェクトに集まる。会議は「どんなおばけやしきを作りたい?」から始まった。激論の末、テーマは「勇気をもって進もう」。森・洋館・学校3つのエリアの扉を開く勇気のしるしを集めて、おばけやしきから脱出する内容に決定した。どんなおばけやしきができるのか?ちょっと心配だけど、楽しみ。



6月13日(土)3時 第2回企画会議 @もえぎ野ケアプラザ

スタッフは希望のエリアで、具体的な話し合いが始まった。チームの構成は高校生が中心の「洋館チーム」、小学生がキーパーソンの「森チーム」、中学生を大人が支える「学校チーム」。それぞれが個性があっておもしい。中学生リーダーがんばれ!



6月27日(土)3時 第3回企画会議 @もえぎ野ケアプラザ

ラフな企画ができ、制作準備に大忙し。まだイメージが固まらないチームあり。次回から制作に入るが見切り発車か?

7月11日(土)1時 制作1日目 @藤が丘地区センター

それぞれが思い思いに制作に入った。中学生は発泡スチロール製お墓、高校生は厚紙にアルミホイルを貼った甲冑。段ボールを円筒状に丸めて井戸を作り出す者まで出現。皆の創意工夫に驚く。

7月18日(土)1時 制作2日目 @藤が丘地区センター

スタッフが徐々に増える。初参加の人でも自分のやりたいことを見つけて主体的に参加する。異世代の協働もすばらしい。今日からイッツコムの取材が入る。



7月26日(日)1時 制作3日目 @藤が丘地区センター

スタッフ4人がFMサルースにプロジェクトの広報とおばけやしきフェスタの告知のために生出演。大道具もでき始めた。



8月1日(土)1時 制作4日目 @藤が丘地区センター

本番を明日に迎え、制作も佳境に入る。通路作りも始まり、制作と通路との連携が難しい。皆汗だくで作業した。あとは時間との勝負!





8月2日(日)9時 当日 @藤が丘地区センター

最後の準備とリハを終え、後はお客さんを待つのみ。180人以上の子どもたちが来てくれた。おばけやしきの中は悲鳴、涙、笑顔、そして勇気がいっぱいだ。89人のスタッフの顔にも笑顔と充足感が。夏の宝物をありがとう。

 
| - | 10:57 | - | - |
CALENDAR
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ