あおば学校支援ネットワークのコーディネーター達の活動日記
<< 「小中学校への携帯持込禁止」に思うこと。 | main | テストの点数は取れるけれど、勉強は楽しくない? >>
デジカメ、PC、プリンタ。 さてどんな遊びをしましょうか?
今日は、アナグリフを紹介します。

通常、画像は上下左右の平面(2次元)を表していますが、立体画像は奥行きを加えた3次元(3D)の空間を表現しています。「アナグリフ」とは、赤と青が横にずれた立体画像表示で、左右に赤と青の色のフィルターが別々についたメガネで見ることができます。

立体像を見るときに、人の目は両眼視差という左の目と右の目で見る像にずれがあり、脳がこのずれを奥行きの情報として認識するわけですね。アナグリフ画像の青色は、青のメガネを通せば消え、赤色は赤いメガネを通すと消えるので、赤青がずれた画像も赤青メガネをかけると左右の目で違う映像を見ていることになり立体的に見えるわけです。

さて、このアナグリフ。
デジカメならではの手軽さとアナグリフ画像作成ソフトを使って、案外簡単に作れるのです。

子どもたちと一緒に作って遊ぼうと、「あおば科学探偵団」がO小学校の子どもに紹介することになりました。

本日、今年最後の登校日の忙しい中、校長先生に打合せの時間をいただき、日程と具体的な段取りを決めさせていただきました。

自分で作った立体画像を赤青メガネで見るのは、きっと楽しいですよ。
「おぉぉぉ!!」かも。

| - | 00:00 | comments(0) | - |









CALENDAR
SMTWTFS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ